会社が上場する目的と株式上場のメリット・デメリット

Pocket
LINEで送る

ニュースなどで「株式上場」と聞くと、「会社が大きく成長してすごいこと」のようにぼんやりとした解釈を持っている人が大多数だと思います。

では、株式を上場するとは一体どんな意味があるのでしょうか?

上場するということはその株式を一般に公開するということです。

つまり、その会社の株式を誰でも売買できるような状態にするということです。

企業が株式を上場できる市場は、国内で東京・大阪・名古屋・札幌・福岡の5カ所の証券取引所に合計17市場あります。

上場するには市場ごとの審査基準をクリアしなければなりません。

たとえば、東京証券取引所・市場第1部の場合、株主の数は2200人以上、時価総額は500億円以上見込めるなど厳しい基準が設けられています。

会社が上場する目的と株式上場のメリット

では、会社はなぜ上場するのでしょうか?

最大の目的は資金調達です。

上場すれば金融機関から借り入れるより低いコストで資金を直接投資家から調達できるようになります。

また、上場すれば会社の知名度や信頼度が高まるというメリットもあります。

その結果、社員の社会的ステータスもあがり、社員の親などの親族にも喜んでもらえます。

株式上場のデメリット

株式上場のデメリットとしては、新たな株主から経営が干渉されたり、業績低迷によって株式市場の批判を受けることがあります。

多くの人に自社の株式をたくさん買ってもらうためには、多くの株主に支持されるような経営をやらなくてはいけません。

そのため、株主の判断材料になるような業績の詳しい情報開示が求められます。

それはつまり、株式上場すると社会的な責任が重くなるということです。

その社会的責任を果たすために、上場以前に比べて多大なコストが必要になります。

また、何か新規事業を興そうとしたり、既存事業の路線変更をする際に、その都度、株主にお伺いを立てなければいけないので、現在のスピードが要求される時代では経営のスピードにおいてマイナスに働くと指摘されることもあります。

Pocket
LINEで送る