金融商品の種類と上手な運用方法

Pocket
LINEで送る

同じ会社で働いていて同期なのに家(マイホーム)を購入できる人と購入できない人がいます。

この差はどこから生まれるのでしょうか?

理由の1つとして、家を購入できた人は様々な金融商品の運用でうまくいった人が多いのも事実です。

では、一生懸命働いて稼いだ大切な資金を上手に運用するコツはあるのでしょうか?

それ以前に、そもそもどのような金融商品があるのでしょうか?

現在、様々な金融商品が提供され、消費者の選択肢は大きく広がっています。

しかし、その基本的な特性は次の3つだけです。

(1)安全性
(2)流動性
(3)収益性

ただし、この3つがすべて備わっている金融商品はありません。

そして、こうした金融商品にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

では、3つの特性について簡単に説明します。

(1)安全性
預けたお金が減ったり、予想外の損失が出る可能性はないか?という基準。

(2)流動性
必要な時にどれだけ自由に現金化できるかという基準。

(3)収益性
その金融商品を運用することで期待できる利益は多いか少ないかという基準。

まず最初に知るべきことは、「安全性」と「収益性」の両方に優れた金融商品はないということです。

一般的に、「収益性」を求めればリスクは高いけど安全性が低くなり、「安全性」を求めてリスクを抑えれば安全性は高いけど収益は低くなります。

金融商品のこの3つの基準を理解した上で、運用目的に合わせて金融商品を選んで資産運用をすることが大切になります。

Pocket
LINEで送る