小室哲哉や秋元康などヒット曲を作った作詞・作曲家の推定印税額

Pocket
LINEで送る

テレビ番組「暴露ナイト」でTM NETWORKの作詞も手がけたことがある作詞家であり、現在は音楽ジャーナリストの麻生香太郎さんがヒット曲を作ったミュージシャンたちの印税額を暴露していました。

まずは、著作権印税の仕組みについて説明していました。

著作権印税の仕組み

著作権印税はシンプルな仕組みになっており、売上の6%と決まっている。

仮に、1000円のシングルCDなら、売上の6%である60円が音楽著作権使用料。

それを作詞家・作曲家・音楽出版社の3つで分配する場合は、20円(売上の2%)ずつ印税として振り分けられる。

昔は1000円のシングルCDはA面/B面と2曲だったので、仮に1曲だけ作詞したら1%の10円が印税として入ってくる。

そして、売上の90%以上はレコード会社や小売店などで分配される。

著作権印税には2つある

印税には「録音使用料」と「演奏使用料」の2つある。

「録音使用料」は上で説明したCDの売上の6%の印税。

「演奏使用料」は2次使用料で、どこかで演奏されたり、テレビやラジオで流れたり、カラオケで歌われたり、有線でかかったりした場合の印税。こっちがでかい。

ヒット曲に関していえば、「演奏使用料(2次使用料)」が「演奏使用料(CDの売上)」の5〜10倍の印税になる。

小室哲哉が得た推定印税額

安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」の場合
◎売り上げ枚数:約230万枚
◎作詞・作曲の印税:CD1枚40円
◎推定印税:9200万円

小室哲哉が作曲した全楽曲の場合
◎1000円のシングルCDの総売り上げ枚数:約7170万枚
◎作曲の印税:CD1枚20円
◎推定印税:14億3400万円

これは「演奏使用料(CDの売上)」なので、「演奏使用料(2次使用料)」は今後も印税として入ってくる。

秋元康が得た推定印税額

AKB48の「フライングゲット」の場合
◎1000円のシングルCDの総売り上げ枚数:約162万枚
◎作曲の印税:CD1枚20円
◎推定印税:3240万円

秋元康が作詞したAKB48の全楽曲の場合
◎1000円のシングルCDの総売り上げ枚数:約2008万枚
◎作詞の印税:CD1枚20円
◎推定印税:4億円

これは「演奏使用料(CDの売上)」なので、「演奏使用料(2次使用料)」は今後も印税として入ってくる。

Pocket
LINEで送る