競馬ジョッキーの年収ってどのくらい?ジョッキーの賞金・収入

Pocket
LINEで送る

テレビ番組「暴露ナイト」に競馬エージェントをやっている人が登場して、ジョッキーの年収について語っていました。

ジョッキーとは競走馬に乗り賞金を稼ぐ仕事ですが、競馬エージェントとはジョッキーたちと専属契約を結び、騎乗馬の手配やスケジュール管理を行うなど、マネージャーのような役割を果たす仕事ということです。

競馬エージェントの報酬はジョッキーたちから直接支払われるため、なるべく強い馬に担当の騎手を乗せようと日々ジョッキーたちと行動を共にしているそうです。

ジョッキーの収入 基本給

競馬は土日で24レースあるそうです。

そして、1日5レース(2日で10レース)やって、賞金がない最下位で終わったとしても1週間で約40万円のお金がもらえるそうです。

その理由は着順に関係なくもらえる以下のような基本給があるからです。

  • 基本ギャラ:26,000円(着順に関係なく1レースでもらえる最低額)
  • 奨励金:15,500円

つまり、最下位でも1レースで41,500円がもらえるということです。10レースなら415,000円です。

ということは、4週で40レースやって毎回最下位でも166万円ももらえるということです。

ジョッキーは結果を出さなくても最低月収166万円なんですね。。

ジョッキーの収入 レースの賞金

さらに、レースの賞金が以下のように5%配分されます。これは勝ったジョッキーのみがもらえる賞金です。

  • 馬主:80%
  • 調教師:10%
  • 騎手:5%
  • 厩務員:5%

たとえば、1着賞金が国内最高の2億5000万円のG1レースで勝った場合、「2億5000万円 × 5% = 1250万円」となり、1250万円が基本給とは別に上乗せされます。

年間50勝以上するトップジョッキーになると、年収が10億円は当たり前の世界です。

ジョッキーが芸能人やアナウンサーにモテる理由が分かりますね!

Pocket
LINEで送る